抽象化は感情的にも知的にも私を満たしてくれる主観的言語です。抽象化への私の旅は徐々に行われてきました。 2000年まで私の絵画的研究は比喩的でした。私は単一のテーマ、いくつかのバックライト付きの椅子のバリエーションを作った後、それは本当に興味のあるテーマではなく、キャンバスの表面に住む空間、光、構造であることに気付きました。

 

使用される技術は、バインダーとしての様々な樹脂での数年の実験の結果である。私は現在、大理石の粉末と顔料の混合物を使用しています。これらはアクリル樹脂で凝集しています。一度混合すると、私はそれらを私のパレットの色を形成するハーメチックボトルに入れます。私は床に横たわるキャンバスに塗料を注ぎ、ほうきと広いブラシで塗ります。

 

最近の私の研究では、コラージュのような金属表面を組み込んで、塗装された部分を強調表示し、それをある程度厳密にしました。私は視覚情報を減らしてその神秘性を増幅し、より強くて時代を超えたものにします。

 

私の作品は瞑想されています。結果は絵の私の方法で大きな自由の感覚を与えるが、すべてが前もって考えられている。私のサーフェスのパラメータが定義されると、ハーモニックセットを定義する音符の快適な音楽、または少なくともそれが私の目的であることがわかりました。

 

結果は数千通りに解釈することができますが、私の意図ははっきりしています。限定された面の後ろに隠れている銀色の割合である白木仁を入手してください。